2016年12月7日水曜日

【再掲】Nオーダーをやってみました!

以前旧ブログに掲載した記事をこちらの新ブログにも再掲しました!
ドアのサイズオーダーには興味があるけど打ち合わせが面倒くさそう…というお客様、いらっしゃいませんか?
ちょうどいいサイズの既製品ドアがないという方におススメです。

・既存のドアには無いサイズのドアを使いたい!
・枠・金物はそのままで、ドア本体をだけを交換したい!

そんなご要望にお応えし、実はとっても簡単な『Nオーダー』の手順をご説明します。



イーストヘムロックのデザイン&サイズオーダー 『Nオーダー』 をやってみました!


実例を元に、Nオーダーの流れを説明いたします。
まずは、Nオーダーの製作寸法のおさらい。



上記の図の通り、対応サイズは
■高さ:1300mm~2400mm
■幅:600mm~1000mm
までとなります。
ここでポイントは交換予定のドアの厚みが33mm~36mmである事!
(金物、現場の状況によっては40mmの厚みもOK)
Nオーダーには弊社の規格品であるヘムロックドアを使いますが、
高さ、幅は調整が効いても厚みは変更出来ないのです…スミマセン<(_ _)>


今回は当事務所応接に併設されている書庫(物置き)のドアを交換することにしました。
もともと取り付けてあるドアはBIOパイン節有りドアの旧タイプです。
(廃盤商品のため現在制作、販売していません)


このドアは焼けてアメ色のイイ感じになってきましたが、この際お役御免です。
枠はそのまま、ドア本体とレバーハンドル、ヒンジを交換することにしました。



1.選ぶ

まずデザインを選びます。



デザインはこちらからお選びください。
写真画像が見たい!という方は弊社カタログに既製サイズの画像が載っています。
電子カタログをご覧いただくか、お問い合わせいただければカタログ送付をいたします。
大きくサイズを変えるとデザインが崩れるドアもございますので、気になる方は事前にご相談ください。

今回はスモールライトの代わりに、ちょっと贅沢をしてPIPの丸型ステンドグラスをチョイス。





2.測る

弊社ドアの規格はこんな感じです。

①現在取り付けているドア、旧BIOパインの規格
  幅:625mm ・ 725mm ・ 825mm
  高さ:2040mm

②Nオーダーに使用するイーストヘムロックの規格(インチ基準のサイズ展開)
  幅:610mm ・ 661mm ・ 711mm ・ 762mm ・ 813mm
  高さ:2032mm

Bioパインとヘムロックで微妙にサイズが違うんですね~(-ω-*)
つまり今回の場合、②のドアをヘムロック規格⇒BIOパイン規格へサイズ変更するだけです。
こちらの取付け済みBIOパインドアは幅825mmのものなので、
新しいドアも幅825mm×高さ2040mmで作ればOKってことですね!
しかし、躯体、枠の変形の可能性を考慮し念のためきちんと採寸します。


採寸の際は枠の内寸を測ります。
交換でなく新規にドアを取り付ける場合もこの方法でサイズを出してください。
この際4方それぞれのクリアランスをプラスしてドア本体のサイズを決めます。
使用する金物(丁番・ハンドル・ラッチなど)によってクリアランスが変わりますのでご注意ください。
同じ金物をそのまま使用する場合はクリアランスを気にしなくても大丈夫なので、
現在取り付けてある建具のサイズを測り、そのまま記入していただければOKです。
※ただし、上記の通り経年により枠や本体の変形の可能性がございます。
 とくに長期年数が経ったものは一応サイズを測り直していただくことをオススメします。


3.記入する

専用オーダーシートに記入します。

Nオーダードア発注書 ダウンロードはコチラ

今回はこんな感じで記入しました。  ↓   ↓



※今回金物も新しいものへ変更しますが、弊社在庫の同規格のレバーハンドル、ヒンジを
 使用するためクリアランスは考慮していません。



4.送る

FAX:0265-28-2667 まで。
もしくは、スキャンしてメール添付でもOK。

弊社にて内容を確認し、お見積りをいたします。
ご入金、決済が確認できしだい製作開始です。

納期:約2週間~3週間 (工場の混み具合によって変わります)
※お急ぎの場合はご相談下さい。
 必ずしもご希望の納期に沿えるわけではありません。
 納期に余裕をもったご注文をお願い致します。



出来上がりはこんな感じ。
ドアは基本的には無加工、無塗装のまま出荷いたしますが、
弊社の金物をご使用いただく場合のみ金物用の加工も承っております。
(加工、塗装の内容によっては納入までに更にお時間をいただく場合がございます)



こちらのドアには弊社規格の新しい金物を取り付けるので、
ハンドルと丁番の加工もしました。

イーストヘムロックシリーズは無塗装品のため、この後塗装で仕上げます。
『Nオーダー』の最大の利点は、好きな仕上げができる!という点です。

木目を活かしたクリア塗装が人気ですが、せっかくなので今回は私の独断セレクトで、

表:オスモカラーウッドワックスオパーク「日本の色」の#3181 小石色




裏:オスモカラーウッドワックスオパーク「日本の色」の#3152 青色


こちらの色に仕上げていただきました。
こんな感じで表と裏で塗り分けも可能。
1回塗り+拭き取りで、ツヤのない半透明で木目が見えるアンティークな雰囲気を演出しています。

※弊社にて塗装の場合、カラーはサイト上には掲載していないものもありますがすべて対応可能です。
 詳細はカタログに掲載されていますのでご確認ください。
 ご相談も承っております。



最後に取付です。


ヒンジを3次元調整ヒンジに交換、
そしてハンドルを建具のカラー&隣のスイッチ、コンセントプレートに合わせて
ゴールドからブラックに変更しました。



完成です!
場合によっては戸当たりにクッションゴムを取り付けるのもベター。
枠はそのままでもそんなに違和感がないし、何より雰囲気が刷新しました。
他の社員さんはどうかわかりませんが、私は非常に満足です。

以上、Nオーダー施工実施例でした!

みなさんも是非『Nオーダー』でドアを交換しませんか?
今回は開きドアでしたが、引き戸交換だって可能ですよー(* ´艸`)